いんたーねっとはじめたてのこと【03】

以前の記事はコチラ


 前回のあらすじ! バリュースターを17万で買って、デオデオでプロバイダーとも契約したぞ! というところから。ネット麻雀を遊びたいがために始まってしまったネット生活。よろしい、まずは東風荘のホムペに行くのじゃ~。あの頃はサイトではなく、ホムペとか言ってたんじゃよねー。しかしそこはいつものウッカリな僕であり、何故か訪れたのは東風荘。他人の空似である一文字違いだったのです。しかもソフトをダウンロードして遊ぶまで、全く違いに気付かなかったのだから、さあ大変。


 いや、意外と大変ってわけではなかったんですけどね。むしろコチラは過疎ってたから繋ぎやすくて快適だったし、居心地は良かったのです。そんなこんなでネット麻雀ライフが始まったわけですが、東南荘は卓内外でのチャットが可能でありまして、そこで色々と東南荘のメンバーについて知ることができました。テスターという方が東南荘の創始者、若大将という方が、良く分からないがエライ人、と。しかしこの若大将って方がチャットでも常に喧嘩腰というか高圧的というか、生まれてこのかた敬語を使ったことなぞないであろうといった調子で、個人的には好きじゃなかったかなあ。当時はYABUMIというメッセンジャー(※)が東南荘内で流行っていたんですが、間違って空白のままメッセージを飛ばしただけで「なんのつもりだ?」とか返されたり、いやはや苦手でありました。他にも色々あったけど割愛~。若大将はその後、自衛隊に入隊するとのことで東南荘を引退し、アウディって方がエライ人を引き継いだのでした。それ以降は、段々東南荘にもインしなくなったので不明ですが。


(※ソフトを立ち上げていれば、いつでもメッセージを飛ばしたり受け取ったりできるソフト)


 まあそんな東南荘でも大会やチーム戦に参加したりと、楽しくやっておりました。メーリングリストなんてのもありまして、それは誰でも投稿できたため、調子に乗って毎日記事を投稿していたら…苦情に似たようなコメントが来ましたなあ。若気の至りでした。反省しておりやす。大会の思い出ですが、一度優勝して麻雀牌を頂いたことがありました。決勝や惜しいところまでは何度か行ったんですが、運に恵まれず無冠の帝王と化していた時期もありました。決勝の日に遊びに出かけていて不戦敗(※)となったり、決勝前日まで好調だったところを、最後の半荘で親に八連荘を許してしまったりなど。にが~い思いをしながらの優勝でしたから、本当に嬉しかった!


(※当日朝のメールでは、まだ決勝メンバーが知らされていなかったため、まさか自分が…と遊びに出かけてました。ちょうど松山でオタクイベントがあったもんで。)


 決勝メンバーの1人には、以前、ラス確定のノミアガリをして、それに対し物言いをつけたら「麻雀は楽しめたらいいんだ!」と逆ギレしてきた方もおりましたので、絶対に負けたくない戦いでもありました。東1局から發ドラ3で好調なスタートを切ってから、そのまま圧倒的大差で突っ走って優勝でしたよ。とか書いちゃう小さいおっさんです。今は良き思い出さ。


 さて、ネット麻雀だけでは物足りない。そう思ったならば、人は誰しも自分のホームページを作りたくなる…そうでしょう? 僕も作りましたよ。何かに特化したわけではなく、自らの稚拙なイラストをアップロードしたり、掲示板をつけてみたりとか。まずホームページを作るにはホームページビルダーってなものが必要だったらしいのですが、購入したバリュースターにそんなものは付属しちゃおりませんでした。代わりにフロントページエクスプレスなるものがありましたので、それでコツコツと。イラストは、まさかマウスでスイスイ描けるわけでなし、アナログで描いたり塗ったりしたものを、アプライドで買ってきた安いスキャナで取り込んでアップロードしてました。当時、アップロードはフロントページエクスプレスで行っていたんですが、こういうことに疎い僕は、色々と面倒な印象でした。FFFTPを知ってから少々簡単になりましたが、それでもあの頃は不便な時代だったように思います。ちなみにデオデオのプロバイダーだと、アップロード容量は5Mまででした。今だと信じられない数字ですよね。


 掲示板はリンクするだけなので容量は食いませんでしたが、なるべくシンプルで読み込みの早いものを、とteacupを選択。これ、驚くことに今でも現役で運営されているようです。その後追加した「さるさる日記」は、既にサービスを終了したというのに。いやあ、さるさるも懐かしいですね。当時は簡単な操作で日記をアップロードできるということ自体画期的かつありがたいサービスでした。まあ恋人との別れと共に更新もやめちゃってそれっきりになり、サービス終了を知ったのも先ほどのことなんですけどね。ああ、年を取ったなあ。



スポンサーサイト

小学校登校編! 前編

残業で釣りに行けなかったし、パチンコで負けました。散々な日だったナア。





そんなわけで本日は、小学校時代の登校ルートを辿ってみましたー。なんとなく気まぐれってヤツなので、恐らく本人の自己満足になっちまいます。まずはここからスタート! 昔はダイレックスがなく、畑ばっかの場所でした。ああ、集団登校めんどくさかったなあ。学期の終わりには何故か班会なるものがあって、みんな悪事のチクりあい。田舎モンの陰湿さが早くもここで発揮されてたんですね。








元酒屋のカドを曲がり、線路を渡ります。この坊ちゃんで弁当屋はかなり昔から続いているお店。個人商店だけどがんばってますね。開いてるのは昼だけだけれど、近くに製材所などの工場がありまして、それが大きいみたい。








そこから伊予農へと続く細い道を行きます。ここのドブ川、昔は地面が砂地でガードレールもなかったんです。しかしある時、下校中の小学生が落っこちて、そこからガードレールが付き、地面もコンクリになったとか。その小学生が言うには、ドブ川ってマンガみたいに落ちたらどうなるのか知りたかったんですって。足を洗うの大変だったなあ。








突き当りを左へ曲がります。すると、伊予農があり、その向かい側にふたば保育園があった…はづですが、今はもう別の施設になっているようです。保育園の給食はあまり美味しくなかったなあ。というか、毎日生ぬるい脱脂粉乳を飲まされるのがキツかった。今の若い子には、あの味、わからんでしょうね。





伊予農の校門を背にしてまた細い道を行きます。夕焼けに、畑の焼ける匂いがしました。





ちなみにこの近所には、k下さん曰く三角店という個人商店がありました。ここは当時、伊予農生がよく弁当やジュースを買いに行っておりまして、僕も一度だけ紙パックの1リットルコーラを買ったことがあります。紙パックコーラも若い人にはわかんないかなあ。沖縄あたりにはまだ存在するようですが。





そして少し広い道路へと抜けます。右の建物は昔、お好み焼屋でした。僕は行ったことありませんが。しかし左は民家だったはづなのに、いつの間にか卓球センターになっててビックリ。少し耳をすませると、何やら踏み込む音(おそらくスマッシュの練習)が聞こえたので、今でも現役で経営されてるようです。久しぶりに卓球したいなあ。








そして伊予農通りをずっと行きます。伊予農通りって何かって? 多分道路沿いに伊予農があるからそう名付けられたのさ。かつおぶし通りなんてのもあるぞ! ネーミング適当過ぎ!?








途中、NTTや給食センターがありまして、このへんで少し歩くのがめんどくさくなったりなんかして。そして子供の頃から良く分からなかった建物もあります…。








大判焼き屋に突き当たったら、左の坂を降りて行きます。この大判焼き屋もかなり歴史が長く、小学校時代から営業されてます。お店の人は、ずいぶん前からおばあちゃんだった気がするのだけれど…。


続く。

MSXユーザー時代の写真

いやはや、パチスロも釣りも全く駄目でやんした。そんな日もありますね。





そんなわけで本日は、MSXユーザー時代の写真特集~。ほとんど人の写真ですけれども。これは、初めて行った夏コミで撮ったものでありまして、MSX同人サークル大手syntaxのいまむらひできさん。そういえばこの頃はまだ晴海でやってたんですよねえ。懐かしいなあ。ちなみにいまむらさんは、現在札幌でゲーム屋さんを営んでおり、いつも潰れそうと言ってるらしいけれど、サークル時代から潰れる詐欺を繰り返してたので誰も信用してないとか。





これはMSXで美麗グラフィックのSTGでお馴染みだった、シークエンスのみねひろさとしさん。ただし、グラフィックに全振りしてたらしく…。





恐らく神戸港で撮った写真かしらん。昔はまだ松山観光港から神戸や大阪まで行けてたのだ。この日は尼崎にて、MSXイベントin大阪が開催されてたからサークルとして参加したのだっけ。ゴリラーズレイディオとか黒歴史だな! 一番手前の方はF.Aいたちさん。後期のMSXFANで結構プログラムが掲載されてたような。





昔はブロッコリーだってパソケットみたいなものを主催してたんだぜ! その名もデジフェス。基本的に様々なパソコンサークルが参加する即売会なのだけれど、MSXユーザーの手によって参加サークルの過半数がMSX色に染まったという伝説があるのだ。あ、写真は当時、東京で良く遊んでくれた慶大生です。その後、サラリーマン麻雀プロになり、世界へ羽ばたくことに…。奥の人は良く知らない。





西のまいとなに対し、こちらは東のどうすれバインダー! である。敬称略。MADテープの好きな御仁で、一時期自作MADを郵送してくれていたこともありました。何かと騒がしい方でしたなあ。ちなみに西と東の傾向を記載すると…


◎西のまいとな
・太い
・ロリコン
・パソコン詳しい
・声高い

◎東のバインダー!
・固太り
・特撮大好き
・やたらと歌う
・声でかい






東京のMSXイベントでは、そんな楽しい面々と遊んだりしていた若い頃。あの頃は空気読めなくって、それがまた楽しくって。みんなもそれを受け入れてくれますしね。





まだコナミの看板があった頃の秋葉原! バスケットコートだってあったんだぜ! ちなみにあすこで柱に激突し、流血したのは福岡のMSXユーザーだ。死んだと噂があるけれど、どっこい生きてるぞ!





岡山の西阿知駅前にて開催されたMSXイベントin倉敷での写真。あの頃の西阿知駅前はコンビニすらなかったけれど、現在もそんな変わってないという。





MSX関係ないけど載っけときます。バーンナックル! 男なら拳一つで勝負せんかい!

オフ会の思い出「海賊VAN」とか

 明日行けば休みなんじゃ…今日より明日なんじゃ…。


DSC_5041_R.jpg


 ハァハァ…ボウリング行きたい…(ここはボウリング屋ではありません)。


 そんなわけで本日は、昔行ったオフ会の思い出なぞ語っちゃったりなんかして。これはまだ愛媛でパソコン通信を楽しんでいた時代のお話。電話帳で調べて知った海賊VANにて、いつものようにBBSを閲覧しておりましたらば、何やらオフ会のお知らせと書いてあるではありませんか。興居島のおっさんの件では散々だったけれど、ここの人たちは楽しそうだし、何より大人数で行うっぽいから会って30分で終了ってこともないでしょう。半ロム専だった僕ですが、雰囲気に乗せられて思わず参加表明をしてしまうのでありました。普段コミュ障言ってる割に、こういう集まりには行っちゃう奴~。





 会場は西条の河原! つまりはキャンプやバーベキューを楽しむ野外オフであります。しかしここの河原は広く、一体どこで誰がやっているのか、初顔合わせということもあって右も左も分からないという状況。当時は携帯電話っちゅーものも持ってませんでしたからねえ。だが! 奇跡的にも遠くから「逃げちゃ駄目だ」という台詞が聞こえてきまして、ああ、あの人たちだと見事合流に成功したのでありました。


 オフ会は、愛媛で開催されたにも関わらず15人もの参加者がおりまった。コミュ障な僕は大丈夫かと不安になるも、そこはみんな年上の方々でしたから、大人の対応で優しく迎えて頂けたのでした。すぐに打ち解け、バーベキューや格調の高いお話でオフ会の時間は過ぎていきます。


 しかし、真のお楽しみは夜にあったのです! 突如として登場する自家発電機と、プロジェクタースクリーン。自家発電機がけたたましい音を立てながらスクリーンに映し出されたのは…エロ同人アニメだった!? それ界隈では有名な作品ですが、人類補姦計画といって、エヴァン●リオンのキャラがなんかやるってアニメ。同人アニメというものは、当時、まだ黎明期ですらなかったように思います。ですから出来は結構チープなもので、失礼ながらもみんなで笑いながら鑑賞してましたね。それにしても、こんなモン用意しているとは、濃ゆいメンバーだなあ。来て良かったと思った瞬間でした。


 ちなみに、普通にノートパソコンなんかも用意されてて、面白いデータを拝ませてもらったり。野外オフなのにインドア系アイテムを持ってくるって!? だが、それがいい。大体ねえ、普通にキャンプはってバーベキューなんて、人間生きてたらそんな機会ナンボでもあるんです。こういう体験の方が希少かつ貴重…と思っちゃ駄目かしらん?


 アニメ鑑賞後は、メンバー内でカラオケ組、就寝組と分かれることに。僕はもちろん…カラオケ組さ! こんな濃いメンバー、ついて行かんと損じゃ。そして車に乗せてもらって今治のカラオケボックスへと向かいます。どのへんだったかなあ。WAOとか大きいところではなくって、少し街中だったように記憶してますが、恐らくもう潰れてるだろうし、どうにも思い出せませんでした。とにかくそこでもメンバー同士で大はしゃぎだったわけです。電気グルーヴやらアニソンがメインだったなあ。ふっじっさーん! やら、残酷な天使のテーゼを大合唱したりね。ああ、若かったねえ。僕はまだ10代だった頃の、素晴らしいオフ会でした。


 ※興居島のおっさんはコッチにも書き込みに来ていたけれど、相変わらずルームメイト井上涼子の宣伝文しか貼らないため、メンバーには「また〇〇ていさん、届かないメッセージ書いてる」と思われていたらしいとか。井上涼子、売れたんか!?






04/18 リクエストしていたオープニングのパラパラ漫画をやってくれて嬉しかったです。やっぱり赤パン先生といったらアレなんですよなぁ。また機会があったら実戦オナシャス! について。

 実は来週、朝日会館実戦を予定しております。スケッチブックは楽しんで頂けたようでなにより。当時、他のライターがやらんことをやってやると意気込んで始めたものでしたが、カメラではきちんととらえてくれないことが多く、視聴者の反応も良く分からず、どうにも難儀でしたが、やっててよかった公〇式!? さて次回のスケッチブックには何を描きましょうか。



04/23 リバティクラブけ。徐々に装備揃ってきてええね。ある程度揃っちゃえばエサ代くらいで長く遊べる良い趣味よについて。

 勧めてくれたokbくんには申し訳ないけれど、これ、3回使って壊れちゃったんです。ですから今はもう…。結局元のやっすいリールで釣っておりますが、結構釣れるようになりました。k下さんのポイントが良いのだろうと思いますが。多分自分が1人で行っても釣れないんだろうなあ。


MSXユーザー時代の写真を現像してきた!

主にMSXユーザー時代のものです。はづかしい格好をしているものもありますが、そんなんも全て受け入れてこその人生さ!





そんなわけで本日は、G☆MENSのコスプレをしたゆたかさんから始まります。これは全く関連性のない、関西MSXイベントでやったやつですね。誰にも受けなかったぜ!





わかりづれえですが、20年前の日本橋です。まだ萌え文化なんてなくて、ドブ臭くて面白怪しげな店がたくさんあったんですよなあ。10円ゲーセンのフェラーリも元気に営業してまった。





その日本橋で何かのポーズをとる、蒼き衣の集団。昔のオタクつったら、みんなこんなんよ。体臭がドブだとか酸っぱいとか当たり前だったりするんだよなあ。いかんぞ!





BBSあかりハウスの管理人。BBS名から察するに、東鳩が流行ってた時代ですね。机に鎮座ましますは、MSXターボRだーっ。メモリはSTが256kb、GTが512kbとハイスペックぅ~。記録媒体は2DDのフロッピーディスクで、700kbくらいまで書き込めるぞ。正確な数字は忘れた!





MSXイベント後の打ち上げ…の、さらに後の記念撮影。冴えない見た目の俺たちだったけれど、あの頃は毎日が輝いていたぜ…たぶん。けど楽しかったなあ。イベント行っても妙な安心感があったというか。濃ゆい人たちだかりだったから、いつも何らかの面白知識を聞いて帰ることができたもんですよ。





せがた三四郎が活躍していた時代に生まれた、MSX三四郎! 帯を黒テープで加工しているという涙ぐましい努力に注目だ! 柔道の授業は憂鬱だったなあ。身長順で乱取りやらされるから、クラスのゴツーいのとばっか組まされるんだもの。こんなか弱い僕に、ひでえ仕打ちもあったもんじゃ。





MSXユーザーにおける女性比率は1割にも満たないという。そんなわけですから、必然的? に童…男性ユーザーにはチヤホヤされるものでありまして。これがオタサーの姫ってやつなんですなあ。女性だったら誰でもタダでソフトやらなんやらもらえたりするぞ。いぇい!





日本橋の僕。なんだこのポーズ!?





これは博多イベントで撮ったものですね。右は自転車で日本一周していたかちゅ~しゃくん。左は現在渋谷系バンドPOLTAのスグルくんだったりする。MSXユーザーからも有名人が出てたりするもので、声優の野島健児なんかも、ゲームを投稿したり同人活動してたりしたんだぜ!





一番左は関西MSXイベントの主催者で、HNは魎皇鬼ちゃん。その後、本名を名乗るようになったわけですが。


ああ、素晴らしき青春の日々…。またこんなイベントとかないもんかしらって、時々思ったりしますね。もうMSXは所有しておりませんが。


Amazon
スポンサードリンク
ゴリ夫Tシャツできました
楽 天
楽天で探す
楽天市場
欲しいものリスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2GGKHQR2MKQXZ/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_mdLaybA9TJG3Y
プロフィール

赤パン

Author:赤パン
ゆたかちゃんtwitter

麻雀とパチスロと森沢優が大好きです。

メールはこちら!
saitoh.seishi.chi★gmail.com

FC2ライブ「ゆたか通信」

ツイキャス「ゆたか配信」

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
10位
アクセスランキングを見る>>
みんな大好きDMM
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
検索フォーム