農業祭にいってきた! ヤアヤアヤア

残業残業であります。年末が近いだけありますなあ。





そんなわけで本日は、日曜に行ってきた伊予農の農業祭の様子なぞ。ええと、最後まで見せ場も山場もありませんので。








地下足袋履いてえっちらほい。園芸科の造った庭園がございます。僕はやったことないからわからないけれど、恐らく図面から始まって、材料を見積もり、そして実際に石なぞ運んで造園するだろうから、かなり手間がかかっていそうです。その過酷さに一学期で逃げ出す生徒もいたりいなかったりとか。








体育館の中では、各科の研究や制作物が展示されております。毎年変わんないなあ。それにしてもこんな箱型迷路、僕は作ったことないんだけども。他の科では作ってたのかしらん。





我が食品化学科では、色んな食材を使ったお菓子が展示されておりまった。ううう、伊予農時代なんて、この時期、授業を2時間潰して毎日クッキーを製造していた記憶しかないよ! なんだよこれ! そもそもこういうものに消極的だった僕が、作るわけもないんだなあ。





ちゃんと文字の大きさ計算しろよ!








農業祭といえば物販! というか、客はこれだけが目当てなのである。生徒達が汗水流しながら作った加工品を、大勢の人が購入していきます。そこには毎回長蛇の列ができ、惜しくも売り切れで無念の涙を流す者もいるとか。





こんだけ安ければ、そりゃみんなならびますわ。ここで物販にならぶk下さんを発見したけれど、ならびには付き合わず帰りました。だって、彼の後ろに100人以上ならんでましたし。後日話を聞いたところ、ギリギリでハムが買えなかったそうな。ちなみにもっとならびが激しいのは、農業祭名物であるクッキー。1人1個しか買えないのに30分もならべませんて!





PTA提供の余剰品販売。でっかい皿なぞが50円で売られてました。食器欲しい人にオススメ。多分来年も同じモン出てると思います。








いやはや、やべえですね。年々レベルの低下が見られる美術部。もはや顧問も作品を展示しなくなったから、そろそろ同好会に降格する日も近い!? そもそも伊予農には美術の授業がないし、オタク気質の生徒も入らないんじゃよ。生粋の田舎モンばっかりなんじゃ…。僕の世代もそうでした。哀しいなあ。





そんな感じで簡単かつ適当に農業祭紹介でした。
スポンサーサイト

紅葉にはまだ早い?

日曜日、母親との散歩を済ませ、遅い午後の自由時間となりまして、ちょいと南予方面に行ってきました。最近、高知行ってないなあ。ゆうちゃん生きてるかー?





さあ大洲の古本屋へ…と、その前に。紅葉の季節ですので、途中の中山で下車して紅葉を見に行きました。








ここは水が綺麗だから、夏には蛍も見られるんですよ。あ、愛媛は夏というより春ですね。5月頃が見どころです。それにしても、このダルマは一体…。








むむむ、まだ真っ赤というには程遠い。少し早く来ちゃいましたね。しかし空気が美味いなあ…とか思いながら歩いてたら、でっけークモの巣に引っかかってしまいました。ひえー。








これではまだ僕のズボンのが赤いようです。どうりで駐車場に車がないわけだ。








それでもがんばって撮る! 落ち葉は押し花にでもしましょう。押し花ってイチョウがいいらしいですね。あれって防虫効果があるから、本も虫除けになって一石二鳥だとか。紅葉はどうだろ。





本日の苔。みずみずしい。

川之江のイルミネーションでも眺めながら

今日の仕事は調子良い感じで終われました。しかし上司が定時5分前に、前日の記録表無くしたから書き直しちくりーと言ってきて、結局少し時間オーバーしちゃったんですけどね。





そんなわけで本日は、川之江駅前商店街のイルミネーションでも眺めようではありませんかということで。ちなみにこれ、午後8時の光景です。チョットした飲み屋とパチンコ屋しか開いてない奴~。ちなみにここの近所にあるビジネスホテルは、朝のバイキングに出るカレーが美味いそうな。僕が数年前、24時間配信をした際に泊まったのだけれど、あの時は疲れ果てて朝食の時間に起き損ねたんですよねえ。無念!





川之江といったら、以前友人がいたのです。10代の頃に知り合って、まあ色々ありまして、24の時に恋人と別れたゴタゴタでこの男とも一旦距離を置くこととなり、僕は一気に2人も近しい人を失ってしまった…そんな時期がありました。





その後、僕は関東に出てパチンコライターとなった数年後、また彼と交流を始めたわけですが…。





それも長くは続かなかったのです。やっぱりねえ、普段から定期的に連絡なりとってないといけませんね。僕の方からイヤんなっちゃった。彼がある時言った言葉に「俺はいつでもゆたかちゃんを見守ってるから」というのがありましたが、ほんとに見守ってるというか、ネットストーカーみたいなことやってるだけでしたもんね。自分自身が辛いとき、苦しいときも、ナーンも言葉をかけられないわけ。それでじっと見られてるって考えたら、気持ち悪いったらないじゃないですか。関東でライターやってた頃、末期はたびたび病んでましたからね。もうTwitterでフォローされててもすかさず外したりブロックしたりしちゃった。





そういうことをすれば、少しは怒ったり、何かしらの反応は見せるかと思いきや、それでも全くの無反応で。ああ、と、ガッカリしたものでした。数年後、僕がライターを辞めて愛媛に帰ってきてブログを始めた際、一度だけ彼のブログの足跡が着いていたのだけれど、やっぱり気持ち悪いからこちらから何も言わないことにした。それにしても、彼のやることは相変わらずの三日坊主で、ブログにしても小説にしても、詩を書くにしても、パソコンが壊れただのなんだのですぐやめてしまっていたのです。それでいて、小説めいた言葉でカッコばかりつけており…僕はもう、見てらんなくなっちゃった。もう40過ぎてるのにね。ジョニーザバイパーもビックリですよ。





まあ、そんなこんなで川之江に行くたびにそういうことを思い出したりしているわけで。彼は今でも丸いサングラスだったり、ロザリオのネックレスだったり、インバネスを好んで着てたりするのだろうか。いや、正直なところ、いなくなってみると寂しくなるものだなあ。かといってなあ…。


という、お話。風呂に入りながら思い出した順に書いてるから、まとまらないったらありゃしなーい。

松山の風景

風邪っぴきにつき、少し家のことをやりつつも、ほとんど寝て過ごしました。もったいねえなあ。





そんなわけで本日は、松山中心部の風景をば。これはお馴染み、花園町のエレガンスですね。かれこれ十数年お世話になっております。今はお店に息子さんもいるし、次の代も安泰よおー。おっと、自転車屋には触れないで頂きたい。





ビルに挟まれた、民家? なんか松野家みたいですな。六つ子が住んでたりして。








雨の松山。観覧車くるりんが目の前に立ちはだかる…って表現になりがちー。伊予鉄高島屋には東急ハンズとか入っているのだけれど、池袋なぞのそれに期待しちゃいけません。まあ愛媛ですし。





まつちかを抜けて、一番最初に見かけるのが、ここに古くからお店を構えるレコード屋なのだけれど、最近はもう演歌ひと筋。演歌に特化することによって無駄を省き、店舗を延命させている…とかなんとか。盟友のマルイレコードやモアミュージックなどなど、時代の流れとともに銀天街からいなくなっちゃたなあ。僕はモアミュージックでインディーズのテープを買うのが好きでした。もう全く売り物にならないレベルのものとか、完全に著作権侵害してるテープとかあって、インディーズらしさ満載でしたよ。





明屋書店の看板に描いてあるキャラクターは、いつからあるのでしょうか。歪なピカチュウやコナンなどもありますので、昭和からってわけでもないんですよね。中学時代は、明屋の3階にアニメグッズが売られてて、よくそこを覗きに行ってました。ミンキーモモのグッズを探しに。








まつちか。カレーを食べたり、日切焼を食べたりするところ。愛媛にちなんだグッズもありけり。





そんなまつちかに、最近何故か電車でGOが設置されました。いったい誰が何のために!? 未だプレイしている人は見かけませんが。








そしてアーケード街を抜け、ロープウェイ街を歩き、平和通りから少し離れたところの城北ざっしで漫画を買って帰ったとさ。ここは昔ながらの古本屋って感じで、店内が雑然としているんです。無造作に積まれた本の中から、各々の求めている本を探し出すというサバイバル形式。楽しいったらありゃしません。

浜辺散歩

最近、同人誌といふものを結構買っているような気がしてならぬ。





愛媛にもそういう店ができたという影響もあるけれど、ガルパンが原因でしょうなあ。ちなみに厚い本しか買ってません。





そんなわけで本日は、日曜の散歩で撮った風景~。この日は昼間風雨がびゅんびゅんと吹いており、夕方からの散歩となりました。雨上がりの景色もまた異なる趣があっていいものですね。





製材所と農家に挟まれた小道。ここを猫が行き来したりするのです。





使用されていないビニルハウス。子供の頃は、こういう所に入って遊んでたりもしたけれど、持ち主からしたら迷惑だったろうなと今更ながらに反省。人んちの畑の中に入ったりもしてた悪ガキです。








製材所。木材は、雨に濡れても大丈夫!? まあ、川に浮かべているところもあったりしますしね。





ああ、空が広い。広いというか、遠いと感じますね。関東に住んでた頃は、空が近かった。かといってそれは、感激をするための近さではなく、単に都会の狭っ苦しさを実感するためだけのものでありました。








水門付近。これは海というより泥水ですね。濁りに濁っておりましたが、釣り人は何かを感じたのか、何人かここに釣り糸を垂らしていました。








ここはいつ見てもこんな感じ。変わらない風景は田舎の特権。





散歩は続くよ、来週も。
Amazon
スポンサードリンク
ゴリ夫Tシャツできました
楽 天
楽天で探す
楽天市場
欲しいものリスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2GGKHQR2MKQXZ/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_mdLaybA9TJG3Y
プロフィール

赤パン

Author:赤パン
ゆたかちゃんtwitter

麻雀とパチスロと森沢優が大好きです。

メールはこちら!
saitoh.seishi.chi★gmail.com

FC2ライブ「ゆたか通信」

ツイキャス「ゆたか配信」

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
11位
アクセスランキングを見る>>
みんな大好きDMM
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
検索フォーム