fc2ブログ

左手このやろう

 土曜は友達に麻雀を鍛えてもらってましたが、技術は当然として、テンパイ合戦で力負けするパターンの多いことといったらもう。僕が「なんか俺、豊臣くんみたいやわ」と言ったら「それ、今の若い子には分からんぞ」と返されました。うるせえ徳川、明智、織田コノヤロー!


 それにしても、現場は本当に豊臣包囲網って感じでした。明菜さんはいません。繰り返します、明菜さんはいません。眠っちゃ、イヤッとか言ってくれません。ええまあ漫画の彼らと違って友達は色々打ち筋についてアドバイスしてくれるから、凄く勉強になったりはしましたが、いつかは互角に戦ってみたいものです。僕は凄く上手い時と凄く下手な時があるらしいから、集中力を養うことが課題かなあ。


 僕が豊臣たる所以に「相手がテンパイすると、ほぼ8割の確率で当たり牌を持ってくる=つまりはツモ切り禁止=リーチは死亡フラグ」という能力だか体質があるのですが、他にも「世界の不幸全てを背負い込んだツモ」というのがありまして、置物化してしまうシーンもしばしば。


 たとえばこんな形で…

①②③123一三五八八九九


 「四は嫌だ、四は嫌だ…」と考えてツモると、常に最悪っ…しかし現実っ…超安目の四を持ってくるわけです。たとえ場に四が3枚見えてようと。まだこれならばトイツ落としで二・三・六受けを待てるからリカバリーが効きますが、悪夢のツモは常に僕の傍にアリ。これが逆境か!?食い仕掛けで片上がりだと大体アガれない方持ってきますしね。


 運命力ってヤツでしょうねえ。僕は…運命という言葉が嫌いだ!


 そういえば最近は近代麻雀で色んな人がコラムを書いてますね。まさか沖ヒカルがいるとは思わなんだー。そういえば挿絵のあかいこうじって、昔は別冊近代麻雀で東さんって漫画を描いてましたね。哭きの竜が終わった後くらいかなあ。さえない風貌の東さんが、ひたすら国士をアガりまくり、最後は負け分が払えない客にキレる話。本当に、それだけ。


 あと今では絶対麻雀誌で見かけないような人々もいて、はなくまゆうさくはシュールな漫画を描いてたし、山田花子も読み切りを描いてた。パチスロ畑だと「のる?」を描いてたなかたひろおは、1と4でしかアガらなくって、決め台詞?は「眠れねえ」って雀士が主人公の「異邦人」や、馬場プロの学生時代を描いた「熱血バンバ」なんかも連載してました。


 エロ漫画家だと荒井海艦がどい誠名義で日記テイストな漫画を描いてたり、熱血バンバで1コマだけ出てたり「何を切る?」の他社版「何を打つ?」を執筆してたロッキー堀江プロの麻雀ハウトゥー漫画も描いてました。当時はインベーダーみたいなポーズをして「パッソー」という堀江プロが凄くシュールで、何故か仲間内で流行ってたんですが、あれは本人もやるんですかね。


 あの頃の近麻は個性的で、中学~高校生時代の僕は、いつも発売日が待ち遠しかったものです。今はさほど…。しかし最強戦の著名人枠って実に色んな人が出るようになりましたね。昔はゴジラこと長谷川監督とか片山まさゆきとか、あのへんが常連ってイメージだったのに、今は旬の人とか普通に出ちゃってるし。まさか「今でしょ!」の人も出るとは。


 声優枠ってのもあったけど、僕が良くわからない人でした。咲は観てませんねえ。だって愛媛だし(言い訳)。


IMAG4341.jpg
落描きをちょこっとだけペン入れ。









スポンサーサイト



クリィミーマミを観よう!7

 友達と麻雀を打ってました。みんな強い!僕はあまりトップを取れませんでしたねえ。真面目なルールに真面目な打ち方で回してたのですが、突如として「リーチ」の発声をVシネっぽくするのが流行りだし、皆が皆、シミケンぽくなったとさ。ルール上、そんなにリーチはかからなかったわけですが。


 ちなみにこの記事は土曜の夜に書いてたのですが、途中で力尽きてました。しかし最後までやり切るぞー。無理そうだけどー。



 さーて今週のクリィミーマミは「大親分に花束を」。始まりはいつものパルテノンプロ。相も変わらず立花さんと木所さんの漫才から始まります。なんでも今回は、会社宛にマミファンの子供から手紙が来たとか。普通、ファンレターなんてマミほどのレベルになるといちいち読まずに棄てちゃいそうなものですが、さすがパルテノンプロ、芸能プロダクションの鑑だね!


 その子供は大変珍しい難病(ビールス性ドッキリ症候群)にかかっており、今現在も入院中。今度手術を受けることになったけど、勇気がありません。そこでマミちゃんが来てくれたらがんばれるかも…ってコトで。


 企業としてはいちいちそんな手紙に関わっていられないはずですが、一計を案じた立花が少年と会うことを決定します。まーたマミの知らない所で話が動いてるぞ!?


 場面変わってセントレミー学園。水泳教室…だと?水着回やあ~(優の)!そして俊夫とみどりちゃんの中学生コンビはプール外からお見学。中学生だからギリギリ許される行為…お の れ!


fc2_2013-08-17_23-50-28-648.jpg
 (なんか落描きばかりでペン入れしてませんね。色塗りしたいっすね)


 そんな羨ましい2人は、プール近くの病院が騒がしいことに気づき、とりあえず行ってみることにします。その様子を見ていた優も、水泳教室をサボタージュ。慌てて2人について行きます。しかし仮病を使うでもなし、いきなり抜け出すという大胆な手法では、当然先生に見つかってしまうわけで。みどりちゃんのサポートで何とか逃げ出し、病院へと向かいますが、先生も後を追います。


 場面は変わって再びパルテノンプロの2人。手術する少年はこの病院にはいませんと受付で告げられ、唖然とする立花さん。何度も確認しますが、やはり少年はおらず。代わりに老人が居たということで、急遽マミのお見舞い先をそちらへと変更します。けれどもそのご老人、日本マフィアの大親分だそうで、そんな人のお見舞いの様子を公共の電波で流せばエライコトになるってことで、再び立花さん困惑。さてどうなるのでしょう?


 一方、同じくして病院内にいる優は、先生に見つからんようにとマミに変身したところ、たまたま手紙をくれた少年に出会いました。

  
 少年はマミが来たと大はしゃぎ。立花さんたちへの元へ向かいます。しかし手術を受けるのは大親分で、芸能プロダクションがマフィアとの繋がりを公共の電波で流すわけにはいかんわけで。そこでマミが閃きます。木所さんの「マミがいい考えを出すとロクなことがないですぅ~」がかわいい。クリィミーマミのアニメは、みんなキャラが生きてて好きだなあ。


 さてマミのアイデアとは…。当初の予定通りに少年を病人に仕立て上げようというもの。簡単な話ですね。あまりにもチープなアイデアだったため、絶対バレるんじゃないかと心配していたところ、意外とバレません。すげー!フェザースターの力すげー!しかし1人だけそれを見抜いた男がいました。今後ちょくちょく登場する悪徳芸能レポーター、スネークジョーです。


 改めてご老人のお見舞いに行くマミたちを追い、その現場をスクープ!ちなみにご老人は八奈見乗児でした。やはり老人役といったらこの方ですね。あとは故・宮内幸平とか。そういえば僕は昔、モテモテ王国がアニメになったら、ファーザーの声は八奈見乗児かなーとか妄想してた時期がありました。「ギャワー」とか絶対合ってそうだし。


 話戻りまして、スネークジョーの登場によりパルテノンプロ最大のピンチですが、後から駆けつけた子供達と、ポジネガの力によってカメラを「ごく自然な感じ」に破壊しました。見事な危機回避!フェザースターの力スゲー!


 そんなこんなでめでたしめでたしですが、スネークジョーはこれくらいで引き下がるような男ではありませんからね。今後の活躍に乞うご期待?


Amazon
スポンサードリンク
ゴリ夫Tシャツできました
スポンサードリンク!
スポンサードリンク
楽 天
楽天で探す
楽天市場
欲しいものリスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2GGKHQR2MKQXZ/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_mdLaybA9TJG3Y
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
18位
アクセスランキングを見る>>
みんな大好きDMM
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
検索フォーム