fc2ブログ

いんたーねっとはじめたてのころ【03】

 番外編みたいな感じ。


IMAG2078_20160606231622be2.jpg


 MSXユーザー時代の僕が使っていたスーパーマッシーン、MSXA1ST。メモリ256kbで、MSX2+よりさらに上位互換のターボRなのですが、何がすごいかってターボRの名の通り、高速モードっちゅー機能がついていたわけですよ。これによりフロッピーディスク(※2DD。容量は大体700kb)の読み込み速度は以前までの倍、快適なゲームライフを楽しめるってわけさ。いや、まあ、あくまで当時の話なんですけどね。30kb程度の画像を表示するのに45秒くらいかかってた時代の。


20160606220710792.jpg


 しかしこの高速モードも、下位互換のソフトには適用されたりされなかったりなどするからチョイと曲者だったのです。ちなみにフロッピーディスクは高速モードで初期化したものを使用しなければ、プログラムは高速化されませんでした。うっかり標準モードで初期化すると、プログラム内にコマンドを埋め込まない限りはずっと標準のまま。結構めんどくさいんですな。


 あと、高速モードでMSX2+以前のゲームを実行すると、ディスクの読み込みだけでなく、ゲームの速度も倍になるため、アクションゲームが超無理ゲーとなることも。まあこれはせうがないお話。だって、MSXはMSX2の夢を見ないし、ましてやMSX2+やターボRなんて未来予測すらできなかったでしょうから。しかしターボR専用のソフトって、ほとんど出なかったんですよねえ。既にパソコン市場はPC98、X68000、FMTOWNSといった強豪に押されて末期も末期でしたし。その代わりに同人活動は活発でしたけどね。パソケットやコミケへの参加、そして一時期ブロッコリーが主催していたデジタルフェスティバルという同人ソフトのイベントでは、MSXサークルの参加が全体の過半数を占めていたこともあったりとか。これはうろ覚えですが。


 いやはや、あの頃は僕も青デニムに青ジーンズ、青いブリジストンのスニーカーなぞ履いており、イタさ満点のオタク青年でしたなあ。なーんにも空気なんて読めなくて、自分の好きなことをしてただけ。そりゃ楽しいに決まってるさ! 都市部で開催される同人イベントには積極的に参加し、同士と思う存分語らったりしたなあ。傍から見れば鼻つまみ者だったに違いない。あの頃の仲間たちは、音楽家になったり、声優になったり、ギャンブラーになったり、パチンコライターからパートのおっさんになったりと様々だ。みんなそれぞれの道を進んでるんだろうなあ。ああ、あと、バスケットコートがあった時代の秋葉原に、ゴールポストに激突して流血沙汰になったのもMSXユーザーだよ。福岡の。


IMAG2091.jpg


IMAG2090_201606062316286c0.jpg


 これらが所持していたソフトたち。なんか、麻雀とエロと光栄のソフトしかねえ…。三国志2は現在、配信でFC版をプレイしているからお馴染みですね。MSXではROM版を購入したので読み込みは快適なのですが、セーブする箇所が1ヶ所しかなく、新君主でプレイしてたらたまたま関羽を捕らえることができて、武闘派集団を固めた国を作り、そこを関羽に委任したところでセーブしたら直後に裏切られ、何度やり直しても結果が変わらなかったのでもうヤメてしまったんだっけか。嗚呼~。


 当時はディスクマガジンっちゅーもんが流行ってまして、コンパイルから定期的に発売されていたディスクステーションは、新作ソフトの体験版やレトロゲーム、投稿プログラムなど様々なコンテンツを収録しながら1980~2980円と安価で購入できたので結構人気があったように記憶してます。僕もたまーに購入してました。表があれば裏もある。18禁ディスクマガジンもありまぁす! それがピーチアップとピンクソックスでした。僕はピンクソックス派でしたね。グラフィックが格段に良かったから。


 この本体、ソフトたちは現在どうなっているかというと…もうこの世にいません。実は何年か前にツイッター上でMSX本体とソフトあげますって呟いたら、どこから湧いたか知らない方々がわんさと詰めかけてきて、抽選の末に送料コチラ持ちであげちゃったのだ。なんかエースコンバットの制作に関わったFって人らしいのだけれど、僕はそのゲームを知らないのでなんのリアクションも取れなかったんだなあ。そして、それ以降音沙汰ないんだなあ。つまらん結果になっちゃったなあ。もう少し早く永井先生と知り合っていれば、配信でMSXが映ったかもしれない…かも。多分ゲーム実行するまでに終わると思うけど。


20160606220625674.jpg


 そんなMSXでパソコン通信を行っていたわけですが、その際に活用したのがこれ。形は忘れたけれど、なんかPC98のモデムをMSX用にするための変換ピンとかいうのでしょうか。博多で開催されたMSXイベントにて500円で購入しました。MSXサークルはソフトだけでなく、周辺機器を作ったりもしていたんですねえ。職人技や! これを購入してからすぐさま松山のパソコンショップで適当に安いモデムを購入し、そこからパソコン通信ライフは始まったのでした。そのお店、今はもう潰れてないのだけれど、確か松山郵便局がある通りの建物にあったんですよ。今はもうファミリマートになってます。


 懐かしいなあ。昔はマイコンハウス、ビスコ、ダイイチなど、パソコンを扱っているお店が結構あったものです。今はもう全滅してますが。マイコンハウスのMSXFANの早売り、ダイイチのTAKERUには大変お世話になりました。あっ、TAKERUというのはパソコンソフトの自販機でありまして、今風に言えばダウンロードショップってヤツでしょうか。メニューから欲しいソフトの機種、ジャンル、名前などを入力し、お金を入れて購入したらブランクディスクが出てくるので、それを筐体のディスクドライブに挿入し、ソフトのデータを書き込むといった形式でした。ディスク枚数の多い作品だと結構待たされたのではないでしょうか。MSXだったらドラゴンナイト2が相当枚数多かったような…。


20160606220657315.jpg


20160606220639517.jpg


 そこからしばらくしてWindowsマシンを購入に至るわけです。皆さまお馴染みバリュースター。スペックは前回説明したので割愛っ。最初は何も分からず、とりあえず絵でも描こうかとペイントを立ち上げても、今までドットを置いて絵を描いてたから、まずその細かさに驚愕しました。僕がMSXで使用していたのはSCREEN5といって、確かドットは128×256で、使用できる色数は16色。だから、ちまちまドットを置いてもたかが知れてるってわけです。そんな具合だから、最初にできあがった絵は、画面の隅っこにちょこっと写ってるだけの小さな小さな絵となりました。


 続こう!




05/23 布袋のさらば青春の光好きだったわ~。少し前の「嵐が丘」って曲とももクロに作った「さらば愛しき悲しみたちよ」でさらば3部作になったとかについて。

 そうだったんですか!? 3部作ってのも初耳でしたし、ももクロで完結させたというのも…。昔のような「俺のライブに女が5割くるようになったら、もう引退します」くらいの気合入った布袋は、もう戻って来ないんかしら。すっかり○発怖いおじさんになっちゃって、ファンは寂しがってるぞ!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Amazon
スポンサードリンク
ゴリ夫Tシャツできました
スポンサードリンク!
スポンサードリンク
楽 天
楽天で探す
楽天市場
欲しいものリスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2GGKHQR2MKQXZ/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_mdLaybA9TJG3Y
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
13位
アクセスランキングを見る>>
みんな大好きDMM
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
検索フォーム