fc2ブログ

MSXで格ゲーをつくろうとしていた話

久々に整髪料を購入し、髪型を変えるテストしていますが、テレビに出る時以外にそれを使うことがなかったため、どうにも上手くいきません。まあいいか!


そんなわけで本日は、昨日のお話の続きになりまぁす! MSX専門誌のプログラムをよく打ち込んでたなーって話から、そういえば当時は格ゲーブームで、MSXでもそれを作る流れがあったねーってのがあらすじでございやす。


下手くそながらも格ゲー大好きなゆたかさん、専門誌から同人ソフトまで、見かければ片っ端からプレイしていきました。名前は忘れちゃったけど、春麗みたいなのとひたすら戦う格ゲーなんかもありましたね。


他にも、NVマガジンから独立(?)し、AGOSOFTやOBPROJECTで活躍していた大のくんが製作した格ゲーなんかも面白かった。恐らくMSXの格ゲーで龍虎の拳外伝のようなコンボシステムを採用、実現したのは彼だけではなかろうか。あの滑らかな動きは本当に素晴らしかったのですよ。


そしてある日、そんな大のくんから、なんとなんと、一緒に格ゲーを作らないかと話を持ち掛けられたのです。何故僕に!? と考える間もなく、即答。いいですとも! いえ、やらせてください!


対応機種は、チョイと贅沢にturboR。勝ちセリフはPCMで声出ちゃう~。現在、どんなゲームマッシーンからでも声なんか当たり前に出ちゃってますが、MSXだと難しいんですよ。一度に出せて、せいぜい5秒程度。そっれっだっけっなっらっばっ、まっだっいっいっがっ…その声を音質そのままでディスク(2DD)に収録しちゃうと20本も入らないんだ! なんてったって、ディスクの容量は700キロバイトほどしかないからね。いいか、ギガでもメガでもないんだぞ。まあこのへんの問題は、音声短め、音質を落とすことによって改善さ!


とまあ、こんなこと書いちゃってますが、僕はプログラムが書けないため、原案とスプライトのパターンを作成するのみだったりします。ああ、アイデアはあるのに能力がないというもどかしさよ。


格ゲーのタイトルは「バトルゴリラ」。キャラは、おなじみのゴリ夫、くま夫、あとブタのジミーの3匹。ゴリ夫以外はあまりキャラが立ってないので、最近は全然描かなくなりましたね。ともかく、こいつらのモーションを16×16のスプライトで描いたわけさ!


そして画期的なアイデアとして、超必殺技を入力した際に小さくキャラ絵を入れることを提案しました。当時はまだ格ゲーの超必殺技にカットインが発生しなかった時代でしたから、上手くいけばゲーム史上初! となったわけですが…。


まあ早い話がゲームは完成の日の目を見ないままポシャったわけです。そして初代カプエスにて初の超必カットインシステムが採用され、ああ、残念だったなあ…ということだったのさ。





そんな大のくんが、当時を回顧すべくMSX旋風というサイトを開設しているので、みんな、見よう! 2012年あたりから更新が途絶えているのが残念だけど。ほら95年にバトルゴリラってあるぞなもし! 多分まだ高校時代だったように思います。そういえば、修学旅行を利用して池袋の大のくんちに行こうという計画もあったけど、結局無理ゲーにつき断念しました。集団行動はつらいぜ!





画像は開発中のものです。これはまだ、動きをテストしているところでしょうか。当時は画面も進行具合も知らなかったから、20年ほどの時を経てやっと確認できました。やったー。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

格闘ゲーよりアクションゲーで作った方が面白かったかもね
Amazon
スポンサードリンク
ゴリ夫Tシャツできました
スポンサードリンク!
スポンサードリンク
楽 天
楽天で探す
楽天市場
欲しいものリスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2GGKHQR2MKQXZ/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_mdLaybA9TJG3Y
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
四国地方
10位
アクセスランキングを見る>>
みんな大好きDMM
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
検索フォーム